ビジネスに活きる2級FP&AFP

FP資格にはいくつかの種類やレベルがあります。
よって、これから資格取得を目指そうという方にとっては、
「どこまでを目標にすべきか」はひとつ悩みどころになるかもしれませんね。

一般的に、FP資格を仕事に活かそうとするのであれば「FP技能検定2級」、
さらに「AFP」の取得までを目指すのが得策であると言えます。

3級レベルでは知識としてはごく初歩のため、
就職活動等の場でアピール材料として使うには少々心もとない印象です。
しかしながら、1級レベルを目指そうとすればかなり高度な知識が求められることになります。
もちろん、取得できるのであればそれに越したことはないのですが、
取得にかかる労力を考慮すれば、本格的に専門家として開業するのでない限りはそこまでを目標にする必要はないのかな、といった感じです。
ビジネスの場においては、2級FPレベルであってもその知識は充分に評価されます。

そして、2級FPと並行してぜひ目指したいが「AFP」資格です。
AFP資格は、2級合格者であれば認定研修を受講し修了すれば取得できますし、2級対策の通信教育として日本FP協会認定のものを受講した場合、2級合格後に申請すればAFPとしても認定されます。
このような書き方をすると、AFPがどうも2級FPの“オマケ”的なイメージになってしまいますが、これは誤解。
資格保持のために定期的な継続教育の受講を要するAFPの方が、実務家の間では2級以上に評価が高いといっても過言ではありません。
よって、就職や転職といったビジネスに活かす目的で2級FPまでを取得するのであれば、AFPも併せて取得しておくのがオススメです。



MENU