■何故通学講座ではないのか?

このサイトでは、あえて通学講座ではなく、通信講座を推奨しています。
何故なら、2級FP技能士の試験はそのほうが勉強しやすく、
もっと言えば、AFPを取得しやすいからです。

2級FP技能士の受験者は社会人が多く、
思うように勉強時間が中々取れません。
そんな中で毎回通学するのは、生活と仕事に支障をきたす恐れがあります。

また、通学した場合、AFPの認定講習の条件である、
68単位以上の履修を教室で受けなければ資格が与えられません。

対して通信講座の場合だと、実質受講すれば認定研修を受けたことになるので、
時間も手間もかからないのです。

それにしっかりと通学して2級FP技能士に合格するとなると、
受講料が10万円以上もしています。

ですので、2級FP技能士に限って言えば、
通信講座の方が向いているのです。

だからと言って、通学講座が駄目といっているわけではありません。
通学する時間とお金に余裕があれば、通学の方が良い場合があります。

教室で勉強すれば、講師に直接質問することも出来ますし、
ライブで講義を聴く事もできます。

しかし、そのようなことを出来る人は極一部の人だけですので、
それなら、通信講座を勧めていこうと思いました。

今の通信講座は非常にレベルが高く、 自宅で講義が聴けますし、
分からない事があれば講師に質問することが出来ます。

また、良い通信講座を受講すれば、
インタネット学習システムのe-ランニングも使え、
効率的に学習も出来ます。
しかも、通信講座専門校なら、受講料もお手ごろです。

このように考えれば、わざわざ高い受講料や時間を使い、
通学しなくてもレベルの高い学習ができることがわかると思います。

まだ、通信か通学か決めかねている人は、
ここでの意見を是非参考にして下さい。



MENU