FPと他資格との関係性

「FP資格を仕事に活かしたい場合、
やはりFPとして専業でやっていくのが一番なのでしょうか?」

これからFP資格を目指す方、もしくは資格取得をされて間もない方より、
しばしばこのようなご相談を受けることがあります。
「FP資格を活かして働こう」
と思えば思うほど、皆さんFPという仕事を必要以上に意識し、
それにとらわれてしまう傾向があるようです。

ですが、すでに他ページでもご紹介した通り、
FP資格の良さといえば「他資格との相性の良さ」
FP本来の枠にとどまらず、すでにお持ちのスキルと併せて活かす方法に目を向けてみても良いのではないでしょうか?
むしろそう心がけることが、既存のFPとの差別化にもつながるような気がいたします。

下記は、FPと他資格との相性の一例です。

<社会保険労務士>
・・・「年金相談→老後のライフプランニング」の流れでFPの知識が活かされる可能性大

<宅建士>
・・・不動産の購入、売却、相続、贈与といった宅建士関連の知識は、FPとして資産運用のアドバイスをする際には必須

<DCプランナー>
・・・難解な確定拠出型年金の知識は、FPとして資産運用やライフプランニングに携わる際に求められる

<中小企業診断士>
・・・主に経営者をクライアントとする中小企業診断士は、会社自体のみならず経営者自身のライフプランニングを相談されるケースも。
信頼アップのために、FPとしての知識はぜひ備えておきたいところ

以上、ほんのごく一部の資格をピックアップしたのみですが、
FP資格は業種を超えて様々なシーンで活かされるであろうことは明らかです。
まずはあなた自身のスキルや保有資格に目を向け、ビジネス上どのようにFP資格と絡めることが可能なのか、検討されるのが得策です。

せっかく仕事をするのであれば、「ごく普通のFP」ではなく、
「オリジナリティー溢れるFP」を
目指してみてはいかがでしょうか?



MENU